肌トラブル女子のひとりごと!

ページの先頭へ
トップページ > 肌の表面の脂分によって汚れが吸着したり毛穴

肌の表面の脂分によって汚れが吸着したり毛穴

肌の表面の脂分によって汚れが吸着したり毛穴を塞いだり、黒ニキビに変わることも多いです。

何度も肌のトラブルを繰り返すことにより、シミやたるみを誘発指せてしまいます。
肌荒れを回避するためにポイントは洗顔です。とにかくたっぷりの泡できめ細やかな洗顔をするようにしましょう。ただし、一日にたくさん顔を洗うと逆に肌にダメージを与えてしまいます。

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとしたことを考えつきました。
肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかも知れない、ということです。


ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、しばらく前から炭酸パックを初め、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、様々な雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロも減量することができたのです。
只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡で自分の顔をよく見てみたら、ダイエットで見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。



しわの急な増加とファスティングが関連があるかどうか確信できませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、取りあえず、肌のケアをつづけつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。

肌も加齢に伴ってシミが増えます。沿うは言っても、なんとかして綺麗にしたい誰しも沿う思うはずです。肌のシミをどうにかして消沿うと私が行ったのは、最初に試したのはビタミンC誘導体、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、結果として満足できず、今のところレチノールを主に使用しているのです。


シミと戦おうと思うと最後は、レーザー治療になるのかも知れません。

最近になって、オールインワン化粧品がすっかりトレンドになりましたね。
その中でも加齢防止のオールインワン化粧品には、努力をしているようです。配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどのような保湿、保水に影響あるものがたくさんありますが、アスタキサンチンが目を引いていることもあり、赤い色の若返り化粧品が多くなってきています。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に見え初め、見るたびに増えているような気がします。
何故こんなことになってしまったのか?りゆうはひとつしかありません。
太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。靴をはけるまでに成長した子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)と親子そろって毎日、公園で遊んでいました。

身支度はもちろん、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)が最優先です。

まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。後で必ずつけが回ってきます。

若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。ご飯と美しさは密接に関係していますので、老けないための食べ物を体内に取り入れる事で、美しい肌を保つことが実現可能です。


玄米、ゴマ、魚、シイタケ、豆類、海藻類、イモ類、乳製品、そして野菜や色の強い野菜の中でもナス、トマト、タンパク質をしっかり摂取することで若返りに効果的でしょう。


適度な飲酒は体に良いと言われていますが、喫煙は何もメリットがありません。

人間の体の中では消化器と血管で栄養の取り込みと排出が行われており、タバコにふくまれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、肌の健康を保持するのに必須である酸素や水分が不足し、老廃物の滞留などが起きてくるのです。

肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、真皮にダメージが届きやすく、たるみが生じて最初は小さなシワでも、一度出ると急速に広がってしまうでしょう。禁煙は難しいかも知れませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。


美肌が欲しければ喫煙はやめておいたほうがいいですよ。


肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡を見ながら考え込むようにしたら、思い切って毎日摂っているご飯を変えてみるのもいいでしょう。

飲食物が変わると、肌の質が変わってきます。

そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。


なにしろ私立ちの身体は、毎日摂りつづける食べ物によってできているのですから。家で一人でチャレンジできる方法としては、なかなかレベルの高いアンチエイジングかも知れません。生活の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。客観的に肌の状態を判断するには、表面にある三角形の模様が役立ちます。

なめらかな肌やハリのある肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされがちな部分は模様が大聴くなるのです。あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになるのです。

こういう皮膚は保水性が悪いのです。

表皮バリアが衰えてくると、皮膚の深い部分にまでダメージが及びます。弱った土台では今までと同じように肌を支えることができず、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。
Copyright (c) 2014 肌トラブル女子のひとりごと! All rights reserved.